UNOドラゴンボールZとは?やり方・特徴・カード種類を解説

UNOドラゴンボールZとは?やり方・特徴・カード種類を解説

世界で有名なカードゲームとして誰もが効いたことある「UNO」。日本法人のマテル・インターナショナルより、日本人向けのUNOなどが発売されているのをご存じでしょうか。今回は、マテル・インターナショナルより発売された「UNOドラゴンボールZ」のやり方や特徴、UNO カード 種類などを紹介します。誰もが知っているカードゲームと、誰もが知っている漫画が融合し、楽しいカードゲームとなっています。是非、この機会に購入して遊んでみてください。

目次

UNOドラゴンボールZとは?

UNOドラゴンボールZ

「UNOドラゴンボールZ」は、孫悟空やベジータなどのドラゴンボールZに登場するキャラクターが描かれたUNOです。本作品だけのスペシャルルールとして「シェンロンカード」が入っており、このカードを使用すると4つの内1つの願いを叶えられるチャンスが訪れます。子供から大人まで人気の作品「ドラゴンボール」でUNOを楽しめるので、家族で遊ぶと盛り上がること間違いなしです。

UNOドラゴンボールZの基本情報

  • 商品名:UNOドラゴンボールZ
  • 品番:HGJ78
  • 対象年齢:7才以上
  • プレイ人数:2~10人
  • メーカー希望小売価格:1540円

UNOドラゴンボールZのやり方

それでは、UNOドラゴンボールZのやり方を解説していきます!

  1. 親が参加者全員にカードを7枚裏向きで配ります。残ったカードは山札として伏せて積みます。
  2. 親が山札の1番上のカードを表にして場に出します。
  3. 親の左隣からスタート。時計回りに進みます。
  4. 同じ色、同じ数字、ワイルドカード、シェンロンに願いをカードのいずれかを出していきます。
  5. 残り1枚になった人は「UNO」と宣言する。宣言を忘れた時は、カードを2枚引かないといけません。
  6. 手札が最初になくなった人が勝利です。他参加者の残った手持ちのカードから点数を計算します。

点数の計算方法

手札が最初に無くなった人は、他参加者の残ったカードから点数を計算し得点にします。あがれなかった人は、残ったカードの点数分、自身の点数をマイナスします。最終的に早く得点が500点に達成した人が勝者となります。

カードの点数

UNO ドラゴンボールZ

各カードの点数は以下になります。

  • 数字カードは数字通りの点数(0~9点)
  • 記号カード(ドロー2、リバース、スキップ):各20点
  • 記号カード(ワイルド、ワイルドシェンロンに願いを、ワイルドドロー4):各50点

チャレンジについて

ワイルドドロー4は、出せるカードを持っている時に使用するのは反則です。しかし、反則とバレなければ使用できます。ワイルドドロー4を出した次の人は「反則でワイルドドロー4カードを出した」と判断した時、「チャレンジ」を宣言します。チャレンジに成功すると、使用した人はカードを手元に戻し、4枚山札から引きます。チャレンジに失敗した時は、山札からカードを6枚引きます。(カードの効果4枚+罰2枚)

ドラゴンボールZ UNO カード 種類

ドラゴンボールZ UNO カード 種類

数字カード

UNO 数字カード

記号カード

  • ドロー2
  • リバース
  • スキップ
  • ワイルド
  • ワイルドドロー4
  • ワイルドシェンロンに願いを

「ワイルドシェンロンに願いをカード」について

UNOドラゴンボールZ シェンロンに願いを

「UNOドラゴンボール」のスペシャルカードです。このカードを出した人は、山札の一番上のカードをめくり、「ドラゴンボール」アイコンがある時、以下の4つから1つの願いを叶えることが可能です。

  1. 次の人にカードを2枚引かせる
  2. 順番を逆にする
  3. 参加者を1人指名し、順番を1回飛ばす
  4. 手持ちのカードを1枚捨て、そのカードがワイルドカードの時、好きな色を宣言する

まとめ

今回は、マテル・インターナショナルより発売された「UNOドラゴンボールZ」について解説しました。UNOにドラゴンボールが追加されたことで、子供から大人まで楽しみやすくなっています。興味がある方は、この機会に購入して、家族で遊んでみては如何でしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次